Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「GOLD」最終回

完全ハッピーエンドにしたのは、野島伸司らしくは無いけど、でもこのドラマのテイストから考えると、これで良いんだろうなあと思う。正直、一番下の子供が幻想で長澤まさみにも見えているという設定が違和感あり過ぎで、個人的にはそこでアウトだったけど昨日の最終回を見るとそこそこ上手く話をまとめていたと思うし、破綻もせずにしっかり結末を見せたと思います。野島伸司らしくないという部分は逆に不幸なエピソードを無理に残して違和感ありまくりよりは良いのかなと思います。反町隆史が刺された部分に関しても、逆に野島伸司なら殺すのでは?という考えになった人も多いと思うしw
キャストが豪華&研音軍団という組み合わせでBOSSのテイストが出たかというと、なんとも言えませんが、天海祐希の演技にある意味ブレはないので、ある種の爽快感みたいなものが得られるところは多かったし、セリフの中にいくつか共感を得られるような語りが多くあったのも確かなので、まあこんなところかなという印象です。もっともその語りが押し付けがましいというのも事実ですが、そう思う人は見なきゃイイだけだしw
脇に廻った長澤まさみはこれからこういう扱いになるのかな〜。個人的には頑張って欲しいんですけどね。やっぱり「ラストフレンズ」の演技は評価を下げたよな。武井さんは今後大きく化けると思う。
はてなTouchより