読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「踊る大捜査線 THE MOVIE3 ヤツらを解放せよ」

Twitterにも少し書きましたけど、少なくともOD2よりはましというレベル。正直なところ、7年のブランクは大きいなあというのが実感です。出演者の立場の変化やメンバーの移り変わりは仕方ないけど、いかりや長介さんの不在はやっぱり大きいというのと、新メンバーが入る過程がないまま唐突に「仲間」という要素になっているので、違和感を感じるシーンがいくつか。あとは脚本かな、、、大きく盛り上がる要素があまり無いまま進んでしまうので、少なくとも自分は高揚感が一切来ないままラストを迎えた気がします。シリーズのファンとしては、嬉しいと思える小ネタがいくつかありますが、それを楽しむためならDVDで十分。やっぱりTVドラマでSPを前フリしてからという展開の方がすんなり入るコトが出来たのではと思います。でもそういう扱いができるコンテンツではなくなっているんですよね、この作品は。実写興行収入が一位という看板がそういう展開を作る側に考えさせていないだろうなあと。
あとはネタバレになるので、伏せます。
引越しネタ自体は悪くはないけど、それが単に拳銃紛失と湾岸署封鎖に持っていくにしては、つながりが今ひとつというか。わからなくは無いんですよ、引越しのどさくさで銃がなくなり、さらに犯人が侵入しやすい環境が出来ているという狙いがあるコトは。それと小泉今日子の扱いがうまくつながっていない。
でも一番観ていて冷めたのは、青島の誤診から始まる「死んでしまう」ネタの引っ張り。おそらくすみれに泣きながらマイクを通じて青島を説得させるシーンも含めてネタなのかもしれないけど、だとしたら失敗だと思う。あのエンディング近くの重要なシーンで観客自体は誤診とわかっている状態で、泣きのシーンが入っても感動もないし、笑える要素にもならない。封鎖されてしまったシーンでもスカンクとかワニとか暴れさせる要素が浮いているし。いくつかのプロットがあまりうまく結びついていないコトが今回の作品は目立っている。それでもOD2よりはイイと思いますが。映画版の第一作が良かっただけに期待も大きい分、自分みたいな反応も多くあると思います。
第一作といえば、小泉今日子の使い方は良い意味で上手いところを見つけたと思ったのですが、動かされる周りの犯人がやや雑というか、動かされ方が中途半端。バスジャックや銀行のセキュリティ解除から始まって、拳銃強奪、殺人というコトになりますが、そのコトに対応する警察上層部も大袈裟な反応に見えるし。ブラッディマンデイなんて、何人死んでると思っているんだw。
新メンバーの中で小栗旬は次の犯人候補っていう位置付けで良いんだと思っていますが、違うのか?そうでないとキョンキョンに会った意味がなくなる。そのためにも作るなら、今度は早めに作らないとまずいんじゃないのかな?賞味期限があるとしたら、今回は切れていたと思うので。他の人も書いていましたが、引越しネタはドラマでやって、新キャラクターを紹介しつつ、映画版でキョンキョンを使えばうまくハマったのに。
はてなTouchより