読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

昨日のオークス

アパパネサンテミリオンの最後の直線の攻防は見応えがありました。残り200メートル位では一度アパパネが首差位出ていましたが、そこからサンテミリオンはよく差し返したと思います。最後の体勢の勢いはサンテミリオンでしたが、頭の上げ下げがアパパネが伸びた時で、サンテミリオンは戻している時だったので、本当にわかりませんでした。しかし写真見てもわからないので、この同着優勝は仕方の無いところだと思います。
アパパネは馬場が渋ったのがプラスに向いたかな?距離は正直不安だと思っていましたが、条件が向いたと思うし、この時期の3歳牝馬の中では地力の高さがあったという事だと思います。サンテミリオンは距離適性もあって、いい走りができたと思います。アプリコットフィズは逆に道悪は向いていなかったかも。四位騎手はうまく追い出したと思います。前目に付けて内からスっとうまく出しましたから。ただ、追い出してからの加速が今ひとつ感じられなかったので、力差もありますが、最後2頭に交わされて6着になってしまうのは、そういう部分かなと。逆にヨシトミさんはうまく乗ったな。いい位置からしぶとく残しましたから。決め手の無さが3着とは思いますが、こういうレース運びができると今後も楽しみかも。目標にされてしまうと、やや難しくなりますが。
有力馬の目立った回避も無く、今年のクラシックは比較的例年に比べて楽しいなと思っています。次のダービーも有力どころは揃っていますし。小牧騎手の騎乗停止も後藤騎手に決まったようなので。ペルーサ青葉賞の持ちタイムをどの程度まで評価するのかがポイントでしょうか。馬場の影響が大きかったと思いますが、開催が続いているので、若干悪くなっていると思うんですけど。しかしノリの確変が止まらないからな〜。
はてなTouchより