読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

UFCの感想

battle

メインのリョート対ショーグンは前回の試合の内容が緊張感があったので、とても楽しみでした。最終的には1Rでショーグンの右テンプルからのパウンドという結果になりましたが、何度でもみたい組み合わせですね。ただリョートは少し体が重そうに動いている感じしましたが、最初に少し貰ったパンチのダメージがあったのでしょうか?タックルというか、グラウンドでのポジションはしっかり取っていましたが、いつものような鋭いラッシュというか、決めに行く見せ場がないまま終わってしまったのは残念。逆にショーグンの素早い動きと決めに行くポイントを逃さない部分が光ったという印象です。旧PRIDEのチャンピオンが!という思いを抱く方がいるかもしれませんね。シウバやノゲイラ、ミルコなどの今の状況をみると(もっとも年齢的なピークは過ぎているので、あまり要求するのも無理ですが)、ここでショーグンが見せてくれたパフォーマンスはうれしいことではあります。