Electric Sheep

徒然なる日々の記録

昨日の天皇賞・春

ジャガーメイルは好位置で追走、タイミングの良い追い出し、目標もいた走りという良い展開。でも展開に恵まれた勝利というよりは、しっかりと騎乗したウィリアムス騎手のうまさとそれに応えた馬のコントロールの良さですかね。マイネルキッツは目標にされた分負けましたが、でも悪い騎乗ではないと思います。あの走りで差されたらしょうがない。逆にローテーション含めてもったいない結果になったフォゲッタブルは残念でした。4コーナーで追走できない状況を見て、がっかりしましたから。あそこで前につけないのが実力とも言えるでしょう。次走は宝塚記念だそうですが、どうかな、、、別路線組にもいろいろいそうなので。ただ、やっぱり古馬の最高峰というには、少々さみしい出走メンバーでしたね。