雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

昨日まとめて見たドラマ

  • 「臨場」

脚本はうまいなあ。無駄があまりないのがイイ。登場人物とかのキャラをうまく色分けしていて、それが良いバランスなんだよな。確かに少し誇張し過ぎているとか批判はあるのかもしれないけど、他局のドラマに比べれば内野さんのキャラくらい多めに見てやれよって感じかな。48分という尺の性質上、自殺した同僚の奥さんに持っていくのが唐突に思える部分もあるけど、個人的には許容範囲。

子役の力量が非常にウェイトを占めるこの作品で、今回は大正解というか素晴らしいマッチングだと思います。この作品の坂元裕二もかなりの評価。この脚本家は掴み所がないというか、やってしまうこともあるけどこういう作品を書いてくるからやっぱりニーズは高いなあと思う。もう20年くらい書いているけど、こういうクオリティがあるというのは嬉しいこと。某Twitterドラマの脚本家の劣化ぶりを見るにつけ、そう思います。松雪泰子さんの不器用な接し方が、今後母性をどう見せていくかにつながっていて、とても楽しみです。確かに見ていて痛くなってくる(悪い意味ではなく感情移入)のですが、でもやっぱり幸せを願って見てしまうという感じです。偶然過ぎても、突っ込む気になれない説得力を持たせた演出勝ちだと思います。

  • 「素直になれなくて」

Twitter」「クスリ」「リスカ」「同性愛?」とかそれらしい素材を盛り込んで作ったらこうなったという消化不良の典型の予感。もう北川さんにその力はなさそう。だったら時代錯誤の部分があっても、もっと王道の恋愛ものでいく方がこの御大にとっては良い結果になると思うけど。
はてなTouchより