読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

弥生賞雑感

ヴィクトワールピサは、ちょっと格が違うというかこの春の段階では素晴らしいパフォーマンスがみられるだろうなあと思っています。とにかく試走としては、十分すぎる内容でした。馬への負担は馬場が悪かった時点で出るのはわかっていることだし、それを考えれば無理をさせて走らせたモノでも無いので、昨日の段階ではどうこう言う必要もないでしょう。去年のロジユニヴァースなんてもっとラクに走ったけど、結局は本調子で皐月賞を迎えていませんから。少しずつ自在性がついているのがいいです。少し加速に時間が掛かる感じは見えますが、そんな万能な馬はそうそういるモンじゃないし。
エイシンアポロンは弱くはないけど、善戦マン風なポジションになりそうな気がする。昨日の競馬で負けたのは正直力の差だった。でも前で競馬できる強みはあるので、展開のアヤも含みで起こる競馬ですから、去年のエリザベス女王杯の様な事が起こってもおかしくはないなあ。
アドマイヤテンクウは良馬場でもう一度見直したいところです。ただ切れ味という点で2強に見劣りするのも事実なので、鞍上の捌き方がカギかな。
ルーラーシップの勝ちといい、リルダヴァルの復帰、スプリングステークスの結果も含めて、今年のクラシックは楽しみですね。
はてなTouchより