Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「モテキ」3巻

モテキ 3 (イブニングKC)

モテキ 3 (イブニングKC)

面白かったー。一巻の流れがすごくリアルじゃないけどリアルっぽく見せていたので(モテキなんてあるわけねーじゃんとか思っている男なので)、そのまま読んでいました。今回の第3巻は、優柔不断というか自己嫌悪に陥りやすい主人公のみっともなさがよく出ていて、またそういう男を面倒だと思ったり、それでも受け入れてしまったりとか、いろいろな心の動きが見えていて、そういう部分に読者は共感というか、「そういうのあるかもねー」と思いながら読んでいるんだろうなあ。自分も自己嫌悪に陥りやすいタイプなので、よくわかる(しっかり共感している)。
でも、いいじゃん、モテキがあるだけさ!そんなもん、本当になかったよ(愚痴)。