Electric Sheep

徒然なる日々の記録

雑誌「Number」を購入

大学ラグビー特集です。
通常なら早明戦の前か大学選手権の前あたりに発行するのが基本でしたが、今回はあえて大学選手権後に持ってきました。これが意外とよかった。各大学チームの抱える問題や来期に向けての展望などを読むことができたので、これは正解です。個人的には明治大学の記事が気になっていましたが、吉田監督から出ているコメントは、現状の明治にとっての課題が良く見えた内容でした。と同時にこの大学の復活は、吉田監督ではもしかしたら達成しきれないかも?という懸念も生じました。能力がないとは言いませんが、時間がないかも?という意味です。結果をすぐに求められたら、間違いなくアウトでしょう。このチームはそういうチームになっていると思います。でも早明戦以降の明治を見ると、ちょっと期待したくなるっていう気分も少しあるんですけどね。
現状のラグビー人気の低下に関しては、一部の大学チームへの人気に偏った(このNumberの特集自体がすでにその象徴)結果が招いたツケを今払っているというスタンスですが、と同時にいまラグビー場に来ているファンをみると今後も暗くなるしかないなあと思います。
子供がいないですよ、本当に。スクールで連れてきたとか、家族だから、会社の動員で、とかそんなのばっかりです。普通にチケットを買って、ラグビー場に足を運ぶ観客の中に子供がどれだけいるのか、、、さらに言えば、もう年配のお客しかいません。これは本当に深刻だと思う。その年配のお客が足を運ぶのは、早慶明を応援するために足を運んでいるんです。そりゃ、今年の大学選手権の決勝の観客数が2万人を切るわけです。それでも自分は多いほうだと思います。でもこれから先はもっと深刻な事態がやってくると思います。今のラグビースタイルの一つの方向性が、先日の帝京対東海の一戦だったと思います。非常に面白い試合でした。今の人気の中心になっている早慶明にあのスタイルはないし、そのスタイルをやったらきっと現状の年配を中心としたファンは、「あれは早稲田のラグビーではない」とか非難されるんですよ、間違いなく。明治の試合でスクラムの光景を見ると、周りの明治ファンはスクラムだけは負けるなって叫ぶんです。そういう固定観念でみている観客がいまの動員の中心になっていて、その人たちはいつまでも足を運んでくれない。それでも年配のファンは熱心に足を運んでくれています。自分も同じように見に行く機会が許せば足を運びます。でもきっとそれだけなんだと思います。なんの展望も開けない。
なぜトップリーグをもっと真剣に打ち出さないのか?なぜTVKやスカパーに任せてしまって終わりなのか?NHKの中継も結局は大学ラグビーがほとんどで、トップリーグ関連が中継されるのは、日本選手権だけでしょう。あとはテレビ朝日プレーオフ決勝を放送する程度でしょう。そりゃ、動員が減るのは当たり前だし、ワールドカップを日本に呼んでも、収入面に関するクリアはまず実現しないでしょう。
テレビの場合、どうしても視聴率という壁があって、ラグビーで数字が望めないのは確かだと思います。でもそれは売らなかった結果でしょう?と言いたいし、会場に足を運んでもらいたいから、中継がないというならそれは方針が間違っていると思います。おもしろそうだと思わせるきっかけを作らなければ、足を運ぶ客は増えるわけがないし、おもしろそうだという思いを一般の人に向ける努力すらしていないわけだから、じり貧でしょう。
サッカーの成功から、何を学んできたのでしょう?そのサッカーですら、以前程の盛況に達するのはそう容易なことではないわけです。チームの強化意外に人気回復のためにできることを今からやっておかないと、世界中のお客さんは呼べないと思います。