読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

昨日とか今日の発表を見て思う

PDA

昨日はNTTドコモソフトバンクから新機種の発表、今日はウィルコムからの発表ということでスマートフォンに関してはいくつか動きがありました(auは何が原因で、ここまで乗り気になれないんだろう?)。
まずドコモ。
WM6.5対応のサムスン電子製スマートフォン「SC-01B」 - ケータイ Watch
デザインとか実用性含めて、それなりに頑張った機種(WM6.5、タッチパネル&キーボード)ではあるけど、やっぱりProシリーズなのでi-modeメールに通常非対応(また搾取されるのね)。ヘビーユーザーというかそれなりにスマフォを使うユーザーのブログなどのコメントでは、いらないとかi-modeメールみたいなローカル基準のサービス使うやつがおかしいみたいなコメントが多くて、いつもどうなの?と思うけど。実際、ローカルだろうがなんだろうがそのサービスを使う人間が多い事実はあるわけで、それに対応させる意思がない以上、ドコモは本気でスマフォを主力にしたいわけでもなく、単に囲い込みのための道具なんだろうというのが自分の思い。
一番自分が注目していた、ソニエリのアンドロイドは正式発表はなし。でも先日出ていた動画を見たら、確かにしなくて良かったかも。ソニエリのPR動画にあったような動きとは、まったくなかったし(笑)。むしろ突っ込まれたくないよなあ。でもこの機種でたら真剣に悩むんだろうなあ、自分は。こういう機種があったら、たぶんi-mode用と二つ持ちでも、文句は言わないな。
続いてSB。
4.1インチの画面に1GHzのCPUを搭載したスマートフォン「X02T」 - ケータイ Watch
T-01AのSB版。レビューを見ると爆速らしいというのがうらやましい。WM6.5もこの機種だと、タッチパネル操作がしやすいだろうなあというのが実感できそう。この間までWM6.1を使っていて思うけど(イーモバのS21HT)、このWMのカスタマイズの楽しさは確かにヘビーユーザーにはたまらないかも。一般向けに普及もしないけど。
QWERTYキー搭載の小型スマートフォン「X01SC」 - ケータイ Watch
ドコモに似ているけど、こちらはタッチパネル非対応のWM6.5stdです。デザインはBBBっぽくて好きです。ただタッチパネルじゃないのは個人的には無理かな。一度、SBのX02HTを使ってみたくて、白ROMを購入して無線LANとかで数日使ってみたけど、あっさりギブアップした。個人的にはモバイル系の運用にはタッチパネルがないと直感的に使うのが難しいという結論だった。だからこの機種もそうだし、いつも気になっているドコモのBBBも最終的には踏み出せない。
あとSBは来年、アンドロイドが出るそうな、、、、あとはWi-fiサービスに関しては、トラフィック軽減なのかな?
最後にWILLCOM
PHS/W-CDMA対応でWindows Mobile 6.5搭載「HYBRID W-ZERO3」 - ケータイ Watch
ドコモの回線を借りた通信方式を含めた端末。通話がPHSでデータ通信がW-CDMAとかで行けるってことも可能なのかも。デザインはキーボードじゃなくテンキーにしたことから、イーモバのS12HTみたいな縦スライド。正直、見た目は普通の携帯と変わらない気がするので、もしかしたら案外行けるのかも。ただ会社自体が微妙という報道の先行イメージが個人的には心配だけど。