読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

神戸新聞杯の感想

horse

イコピコの激走自体はよくはまったなあというくらいしかない。これで菊花賞最有力という押し方をされるなら、馬券のうまみは微妙だけど。競馬ファンの評価を考えると、実際の本番は押し出されたリーチザクラウンが人気という感じはする。確かに人気・ステップレースの内容をみると、悪くはないと思うが、この馬ばかりは本番当日まで全く読めないところが怖い。今回のレースは勝ちきれなかったものの、後ろから来たセイウンワンダー、アンライバルトに抜かせなかったことが大きい。逆に言うと抜けなかった二頭は、少なくともこれ以上距離が延びる菊花賞で今日以上の末脚が出せるのか?という根本的な疑問が残る。特にアンライバルトは体形からみると3000mの馬には見えないので、思い切って最後方からレースとか極端な手を打たないと、難しい気もする。
これで菊花章本番は中途半端な人気ばかりの馬になりそうで、難解なレースだな、、、、。