読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

日本ダービー雑感

horse

馬場が不良だったことが、その馬場をこなせる適性の差でそのまま決着したなあという印象です。
勝ったロジユニヴァースはその適正能力の高さに加え、皐月賞での体調不良から良くここまで持ち直したなということで、陣営の努力が見事に結果につながりました。横典がようやくダービージョッキーかと思うと、感慨もひとしおです。メジロライアン宝塚記念を買ったレースを友人たちとみんなで見て、ようやくライアンで勝てたかーって思ったとき以来の、なんというかようやくだねという気分。でもこの馬で勝てなければ、もうチャンスはなかったのかもという気がしただけに、それをモノにしたことは大きいですね。関東が主戦のジョッキーはどうしてもそのあたり、関西のジョッキーに比べてチャンスがすくないので。藤沢厩舎あたりがもう少しちゃんとしているといいのですが。
二着のリーチザクラウンは、もしこの展開で良馬場だったらと思いました。結局、昨年のラジオNIKKEI賞の再現になっただけなんですよね。実質、無策に暴走したジョーカプチーノが離れた先行策だったので、リーチ自体は気分良く単独二番手を走ることが出来たのが二着の要因。この馬場で最後の直線、内からロジに差されたのは仕方ないし、むしろアントニオバローズに抜かせなかった脚を評価したい。良馬場だったらもっと、最後の直線でセーフティリードが作れただろうに、、、でも距離に関しては、ある程度こなせる目処が立ったので、菊花賞は狙っておきたいところです。
アントニオバローズ以下も基本は馬場適性の高さだと思います。それだけにアンライバルドには不運なレースでした。まったく切れ味を活かせない走りになってしまって、直線も延びる気配がありませんでしたし。この負け方だと、岩田騎手を非難してもしょうがないと思うのですが、一部の人は、、、それで競馬を語ろうとするから怖い(笑)。
この消耗戦は、正直どの馬にもきつかったと思います。ブレイクランアウトあたりも本来ならもっと人気になっていい馬ですが、距離適正も難しい、馬場も合わないでは15着も止む無しですし。いずれにせよ、この馬はローテーションに失敗したことが、この春の全て。ロジユニヴァーズの調教師も「皐月賞は失敗」とはっきり認めていますが、状態維持の難しさを思い知らされた今年のダービーでした。