読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

価値が下がったのは、交流戦のせいじゃない

Sports

本気で野球チームを経営する側が、オールスター戦の価値低下を憂うのであれば、スポンサーのためでなくファンのために開催することを考えて、年間1試合を必ず守ること、怪我以外の辞退者を無くすだけでも違うと思うけど。中日選手(球団ぐるみ?)のWBC辞退もそうだけど、自分達の都合や利害だけで動き続けたんだから、こうなった現状をどこか第三者的な言い方で語って「自分達は不利益を被っています。」みたいな感覚がどうにもスッキリしない。報道するスポーツ新聞なども馴れ合いだから本質をつくような論評はしないし。視聴率が下がった?当たり前でしょう、結果だけならネットで手に入る。本当は一つのプレイに湧く瞬間があるはずですが、監督ばかりをクローズアップするから、戦略的な知識を付ける報道ばかりして、身体的なプレーの素晴らしさをほとんど伝えてきていないのでは。楽天の試合は必ず監督のボヤきを入れているのが、その典型。野球じゃなくて監督個人のコラムを映像で読んでいるのと違いがない。コンテンツの多様化はもう止まらないし、昔の数字を支えた世代はもう足を運べなくなりつつあるのだから、次世代に向けた準備をもっと真剣に考えた方が良いはずなんだけど。でもその世代を野球に振り向かせる手段すら乏しいのが現状か。
はてなTouchより