Electric Sheep

徒然なる日々の記録

天皇賞・春雑感

難解というよりは、微妙なレベルと騎手への過大評価がレースを分かり難くしていたので、馬券的には結構おいしい結果に。
勝ったマイネルキッツは普通の騎乗しかしていないので、むしろ落鉄したアルナスラインが勿体なかったという印象。アサクサキングスの一番人気は連勝中だったので仕方ないけど、強い馬だと思えるレースがほとんどないので、基本的に今後も信用はしない。スクリーンヒーローは底が割れた感じがする。あのジャパンカップが恵まれたのか、騎手の差なのか。横山ノリは騎乗馬に恵まれているだけにちょっと勿体ない。モンテクリスエスは騎手人気が大きすぎてこのオッズは評価し過ぎですが、でもこの騎乗はガッカリする。確かに前を捕まえにいったアサクサキングスは沈んだが、勝ったマイネルキッツは普通に好位置追走でしっかり追い出しただけ。普通の騎乗しているだけなのに。特にユタカは特別レースで酷いというかガッカリする騎乗が目立ってきているので、余計に悪く言われてしまう。
ただこのレースで古馬No.1決定でもないし、秋にまた様相が変わることもあるので、まあそういうレースだったという事なんだと思う。
はてなTouchより