Electric Sheep

徒然なる日々の記録

皐月賞の展望

久々に面白いレースですね。先日の桜花賞は最初から最後までブエナビスタのレースでしたが。もっともあのアンカツの騎乗は個人的に好きではないんですけど。どうも馬に負担がかかった内容に見えてしまって。
今年の3強にそれぞれカラーがあって昔のビワハヤヒデ、ウィニングチケット、ナリタタイシンみたいな色合いが好きです。ロジユニヴァースはまだ底を見せていない未知の能力を感じるし、リーチザクラウンサイレンススズカの様な逃げ馬になって貰いたい。アンライバルドもあの差し脚はなかなかのもの。もちろんそれぞれの馬に疑問符が着く点はあるわけですが、そんな事はあって当たり前だし。むしろ馬券的に増す要素ですから。
ただラジニケの印象が強いです。それだけにロジユニヴァースの評価が高いのはわかります。この馬が万能馬なのかはまだ見えませんが、一番自在性が効くのは間違いないでしょうし。安定度も込みで一番人気でしょうか。リーチザクラウンは逆にラジニケの負け方が嫌われているというか案外という印象が残ってしまいました。どうせ、行くのが分かっているので、鞍上がきちんと溜められるかだと思うんですが、その鞍上がイマイチの騎乗が今年多い気がするのは気のせいでしょうか?岩田に関しては、内でも割ってくる馬なので不利なく回って来いというくらい。ただ最後方とかは届かないと思うので(リーチがペースを作ってしまうから)、その辺りがポイントだと思います。
はてなTouchより