雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

「トライアングル」とか「ヴォイス」とか、毎週見ています

結構、相方がはまっていて週に4本は確実に見ています、その所為か、自宅PCの起動回数がかなり減りました。さすがにその余裕がなくなっています。今日は久々にこの日記もPCから更新です。
「ヴォイス」はついに死体の話でもなくなってしまいました。ただ人物背景が描ければ良いのか?そこにある泣けるエピソードが見せられれば良いのか?みたいな作りがきつくなってきた。ここのエピソードは決してひどいものではないけど、やはり、このドラマを通じたゼミの5人の成長がほとんど見えていないのが気になる。学生を使っている意味が、、、このあとの展開で出てくるだろうと、好意的に解釈します。学生たち自身のエピソードごとの内面変化が、生田君くらいしか見えてこないんですよね。
「トライアングル」は、展開が読めない部分は確かにひきつけられる。ただ、少し人物描写が浅い。今日の堺さんももっとやりようがあるだろうに。この回で初めて兄妹としてのエピソードに触れておいて、あっさり殺すのか、、、。それならもう少し前から、兄妹としての広末とのつながりを出しておけば、ラストの涙ももっと深くなるのになあーと思ったり。でも推理部分の興味は持続しているので、次週の予告で見えていたバックショットの男性が誰なのか?を楽しみに待ちたいと思います。