Electric Sheep

徒然なる日々の記録

マイクロソフトカップの感想

会場には行けなかったので、テレビ観戦。
東芝のDFがものすごく素晴らしいのかと聞かれたら、ちょっと悩むところではあるのですが、少なくとも三洋電機に以前ほどの爆発力が不足しているなあという印象は残りました。
にしても、ややカラーが似つつも方法論の違う2チームの対戦は、見ごたえのある内容でした。
東芝の勝因は結局のところ、精神論に近い部分なんでしょう。不祥事があって、そのことでまとまりを見せたことが、ゴール前の粘り強いDFにつながったというのは、簡単なんですが、、、、、。それだけでは無い部分があるとすれば、組織的なDFが機能している(特にポジショニング)かなあという感じです。ラインを作る早さとかマークしている選手への対応とか、わりと当たり前の話しながらもキチッとしていますし。昔のNECが個々の能力の高さでDFしていたのに対して、東芝はチーム全体での動きの統一感が強く感じられます。にしても、三洋のOFの決め手の無さはどうしたことでしょう。トニーブラウンの復帰は想定内だったことなので、さほど驚きはなかったのですが、何しろ全く目立っていなかった。基本的にOFの中心で、「ブラウンを起点にどう動かすか?」が三洋電機の軸なんですが、その気配が感じられませんでした。単に復調途上という意味でならいいんですけど。
日本選手権に関しては同一カードの対戦になりそうです。サントリー東芝相手に東芝以上にボールを動かせれば、勝機はあると思います。ただ展開するだけになっていくと、おそらく20mラインあたりで止められて終わりでしょう。PGだけ稼いでトライを取れずに帰るパターンになると思います。FWで動かしてという方法論が機能しているうちはいいのですが、前回の東芝戦の惨敗を見ても、それだけではかなり厳しいかなと思います。曽我部が出場できると、ペネトレイトできて面白いんでしょうが。と、思ったら前回の対戦でも出場していたんだった。これだけタレントが揃っているのになぁ。
三洋電機はブラウンを諦めた方がいいと思うんですが、どうでしょう。出るなら80分でないと組み立てがきびしいと思っています。でも相手がサントリーなら、負ける要素は少ない氣がします。東芝なら3タテ食らうかもしれない。
はてなtouchより