Electric Sheep

徒然なる日々の記録

エリザベス女王杯雑感

カワカミプリンセスはあの走りで勝てないのか、、、さすがにこの結果は厳しいものがある。横山典騎手はきちんと乗ってますしね、、単に力負けということになってしまうと、このまま現役を続けるのも?ということになってしまうし。次走が有馬記念ということなので、そこでダスカやウオッカとどの程度対抗できるのかがポイント。でもこの話はベッラレイアにもいえるんだよなあ、、、このまま行くと一瞬の輝きで終わってしまう。少なくともユタカはこの馬に乗っているときに存在感は見せていたから。秋山騎手に戻って、結局一度も「切れて」いないんですよね。今日の騎乗も悪いというわけでもないけど、、、今後の判断が難しい馬になってしまいました。
勝ったリトルアマポーラは素直に騎手の腕をたたえるべきではないでしょうか?位置取り、追い出しと文句なしだと思います。もともと春先はかなりの期待馬だったわけだし。申し訳ないが、今回に関してはルメール騎手と幸四郎騎手との腕の差を見せられた気がします。
さて、問題のポルトフィーノですが、とりあえず騎手・馬ともに大きな事故に至らずに良かったです。かなり前のめりに躓いていたので、あの落馬は仕方ないでしょう。あの状況で騎手を非難する理由がよくわからない。さすが2ちゃんねるです。でも実際に2200mの走りが見たかったですね。切れ味はわかっているので、どういう乗り方をするのか、、、そういう楽しみがなくなってしまいましたし、今後の路線を考えても1600mあたりが中心になりそうな気がしますし。
一部掲示板で叩かれている「みんなのケイバ」の川合&ほしのを始めとする中継のひどさについては、いまさらなので非難するならきちんと番組HPに訴えた方が良いのでは。この方向性の番組になってからは、まともに見ていませんし。今日はこの番組しか地上波中継がないので見ましたが、落馬に関する取り扱いを仮に初心者向けということも加味してディレクターが外すよう指示しているなら、その人は担当を外れた方が良いし、進行どおり馬券で騒ぐことを出演者が守ったのなら、やはりこの企画は出演者含めて失敗ということだと思います。競馬はギャンブルでもあるしスポーツであって、そこにある「ライブ感」をどう読み取るかも、大事な要素だと思うので。