雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

コード・ブルー最終回

少し延長(15分拡大とかまたやってるし)でした。先週からの流れで、トンネルでの事故災害を救助というエピソードでしたが、最後に登場人物たちが前向きになる終わらせ方としては、良かったなと思います。助けられない患者を描くことも含めて、リアルとはいいがたいものの、良い構成だったと思います。最後に藤川をヘリに乗せるという盛り上げもしっかりできましたし。ただ、トンネルから出てくるときの誇らしげな表情はいらなかったかな。
エンディングは各登場人物の様子をまとめてしまいました。藍沢の祖母が元通りになっていない状況は、ヘンにご都合主義にしなくていいかなと思ったのですが、ラストに「来春、SP放送!」を見て、微妙な気持ちに。特番自体は楽しみです。そのときには黒田の右腕と藍沢の祖母の痴呆などのその後が出てくるのでしょうから、、、いま番組サイトを見たら、スペシャルのストーリーが出ていました。珍しいですね、こういうストーリーをあっさり明かすのも。放送まで半年以上あるので、気長に待ちましょう。