読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

WBCの監督

Sports

巷で騒がれる「星野の開き直り」という要素はさておき、、、結果が出なかったという部分で「やらせてはいけない」に尽きると思います。ここに来てナベツネが擁護したり楽天タヌキがHCになるとか、、、、火中の栗を拾う人間がいない(人材難)であることも含めても、星野規定路線は「監督としての能力」という部分で査定すべきです。だから駄目。タヌキの「リベンジさせれば?」は、国際大会は監督のために存在するものではなく「国の威信」をかけるべきものだから、そのチャンスを与える根拠をしっかり語るべき。タヌキは結局、「自分がHCで入って勝てば、その評価は自分にくる」ということがわかっているに過ぎないので。