読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Electric Sheep

徒然なる日々の記録

帰ってきました

music events

「WORLD HAPPINESS」から帰ってきました。新木場は比較的行きやすいので助かります。会場の雰囲気も良かったし、天候も恵まれました。Fes終了は8時20分くらいでした。若干押し気味の進行で、途中から次のアーティストが出る間隔がどんどん詰まってました(笑)。正直なところ、今回の出演者は手放しでOKとはいえなかった。発起人である幸宏さん他のつながりでブッキングしている部分もあるので、特にHASYMOの出る前の東京ブラボーとか、幸宏の友人のシーナ&ロケッツとか、、、、全体的に出演しているアーティストの空気とあまりにも違いすぎて。毛色が違うのに観客の雰囲気が良くなったGANGA ZUMBAとはそのあたりが大分違っていた気がします。もちろんシーナ&ロケッツ目当てのお客さんも結構いて、自分のエリアのすぐ前の方たちも、シーナ聞いたら帰っていたし。いろいろなアーティストが聞ける楽しみもFesならではですが、全体的な空気は少し保って欲しいかなというのも少しあります。
しかし、その点を差し引いてもセンターステージでのアーティストはなかなかすばらしかった。最初のスカパラから始まって、鈴木慶一曽我部恵一、pupa、ボニーさん(少しふっくらぎみなのがまたセクシー)と来て、個人的にすごく盛り上がったGANGA ZUMBAまではまさにフェスという感じです。ボニーさんも新曲披露までしてくれてよかった。しかし、GANZAの宮沢和史は本当に良かったよ。赤レンガ倉庫のフリーライブに行きたくなってしまった。pupaは野外じゃなくて、ホールのほうがいいかも。ボーカリストの声がほとんど活かせていなかった。全員がボーカル担当ならなおのこと。原田知世さんがせっかくコーラスやっても、消えていたので、そこが残念。ちなみに小ステージでのライブではリリーさんがいい笑いとってました(おでん君も来たし)。
ラストのHASYMOはいうことなし、、、、生で三人の演奏を聞いたのは「テクノドン」の東京ドームライブ以来、、、、ふけてるなあ、、でも完璧なステージでした。
さて、夏はライブもう一回、、、、ハッピ着て行かなくては!

floating pupa

floating pupa

GANGA ZUMBA(DVD付)

GANGA ZUMBA(DVD付)

鐘を鳴らして(初回限定盤)

鐘を鳴らして(初回限定盤)

The City of Light

The City of Light