Electric Sheep

徒然なる日々の記録

iPhoneのこと

意外だった事が二つ。

  • 発売日が7/11だった

これはまじめに予想外に早かった。先日のソフトバンクのリリースでは、年内中にというコメントだったが、すでにこの基調講演での発表が決まっていただけに、変に発売の時期を特定するコメントができなかっただろう。に、してもアップルは発表と発売のタイミングがうまいと思う。購買層の引っ張り具合が絶妙。

  • 価格が16GBでも299ドル

この金額だと、Docomoは発売できないでしょう。金額バランスが他のモデルと取れない。たしかにワンセグやお財布ケータイなどの機能はないが、このiPhoneを求める層が、その機能を求めて購入するとは、あまり想定できない。正直なところ、自分は16GBで5〜6万円程度と思っていた。製造コストがそこそこ安いのは、いくつかのブログで読んでいたが、これは本体価格のコストよりも、携帯各社からの上納金や「MobileMe」などの付加サービスで、十分収益が上がる見込みがあるのだろう。
結局、NTTDocomoは話題性としてはほしいが、アップル側の求める条件や逆にDocomoの譲れない部分(おそらくi-mode)に関して、妥協できないことが一番大きいのだと思う。自分は現在、docomoユーザーで、いろいろなしがらみ上解約する気はないが、メイン回線として利用し続けるかは、正直なところかなり微妙。
じゃあ、iPhoneがメインになるのかというと、じつは迷っている。すでにiPod touchユーザーなので、ユーザビリティは十分に堪能している。自宅でもメインモバイルだし。惹かれているのは「MobileMe」があるから。これもtouchでできるとはいえ、さすがに電話には負ける。価格的にも手が出ない範囲ではないし、ホワイトプランとの事だし。ただPCサイトダイレクト適用ということで、パケット上限が高いのは気になるところ。すでに予約も可能みたいだし、、、悩ましい。