Electric Sheep

徒然なる日々の記録

オークス雑感

今日の池添騎手の騎乗を見て、マイネルマックスの時の佐藤哲三騎手を思い出した。降着にするかどうかの判断基準が結局、今ひとつ見えていないので、「こうしなければいけなかった」という結論は導きにくいのだが、、、、騎乗停止にするのであれば、降着止む無しというのが基本という気がする。ただ、この騎乗で不利を受けた馬がどうだったかという部分を考えたときに、こういう裁決だったのだろう。後味が悪いというより、歯切れの悪さを解消できなかったのが、なんともいえず。かわいそうなのは、結局勝った「馬」の評価になるので。
その部分を考慮してもトールポピーは良かったと思う。勝負根性がしっかりと出ていた走りで、馬体の戻りが少ないながらも直線の追い込みはすばらしい切れ味でした。エフティマイアは蛯名騎手がいい位置取りしてきました。最後は切れ味の差。レジネッタも距離が微妙かなと思っていましたが、読みが外れた。
馬場が渋っていたのも、馬によっては影響があったと思いますが、全般的にはそんなにひどいレースではなかったと思う。空いていたら、そこに突っ込むという勝負の意識すべてを否定したら、セパレートコースで見るのかってことになりますし。