Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「扉は閉ざされたまま」を見て

これもWOWOWで放送していたのを見ることができていなかったので、、やっと見れました。今は続編の「君の望む死に方」を見ている途中です。
80分という時間ですっきりと作ったのは正解。中だるみする感じがないので、楽しくみることができました。自殺偽装でありながらなぜ密室にするのか、なぜわざわざこの場所なのかなど、一見合理性のない行為に対する理由が明らかになるあたりは説得力もあるし、すっきりしました。この手の趣向の作品では個人的に「そして扉が閉ざされた」がナンバー1だと思っていますが、この「扉は閉ざされたまま」は原作小説が「このミス」で二位に入っています(三位が震度0)。質の高い作品が多いですね、この年度は。