Electric Sheep

徒然なる日々の記録

再見した黒澤明作品

以前の日記で黒澤明監督の作品放送をNHK-BS2で企画していることを書きましたが、まず「羅生門」が先日放送されました。録画はしてあるのですが、なんとなく他にもいくつかみたいなあと思ってビデオ屋さんに遠征。リメイクされた「椿三十郎」「隠し砦の三悪人」はなかったのですが、「用心棒」「七人の侍」があったので借りてきました。「用心棒」は何年ぶりでしょうか。「七人の侍」は劇場にも数回足を運んでいるので、結構な回数見ているのですが、手元に素材がなかったので、この機会にリッピングしておきました。
楽しさとか今更書く必要性はないので省略しますが、公開されてからかなりの年数が経ちながら未だにこれらの作品のインパクトを圧倒する作品がどれだけ少ないことか!
ノスタルジー抜きにしても、ストーリー、リアルな殺陣、キャラクター設定などなど、見習うべき点は多くあると思います。邦画バブルに陰りが出てきている今、改めて評価され、これらの作品を越えるものを待ちたいです。
Powered by UX50