雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

いまさら有馬記念

馬券的には外しました。さほど悔しさはなくて、経済コース・先行馬という要素が主だったというレースがさほど面白くないと思えただけです。
勝った馬がフロックかどうかは、来年の走りで決めればいいので、現段階でとやかく言うものではない。マツリダゴッホは間違いなくグランプリホースです。しかし、アドマイヤムーンダイワスカーレット(あえて言えばダイワメジャーも)、この2400m前後のレースで結果を出し始めたのは、ステイヤー血統ではなくなってきているということは、面白さでもあります。マツリダは長めの重賞、勝っていますが、春天は大負けだったので、長めOKという評価も微妙だと思います。長距離レースは残ってほしいですが、2400mくらいならこなせる馬がこれからも増えるんだろうという気がしています。そのほうがレースの層に厚みが増すので、楽しいですけど。
メイショウサムソンは、単純にお釣りがなかったという感想。今回またしてもnetkeibaのBBSはユタカ叩きが結構いましたが、4コーナーであれだけ押して動かさないとだめな時点で、だめだなと思っていました。前にいたらずるずるだったと思います。ウオッカも結果的には秋華賞ぶっつけできたけど、エリ女回避とスムーズな流れですごせなかっただけに、こちらもリズムの悪さが最後まで残ってしまった印象があります。期待値が高かった二頭だけにこの結果はたしかに残念ですが、どちらも来年走れるチャンスがあることを、素直に楽しみにしたいです。
ロックドゥカンブはもっと前にいたら、、とさすがに思ってしまった。あの脚ならもっと着順よかったと思います。でもあの馬場じゃきついか、、、追い込み勢がボロボロだった状況見ると、キネーンのミスとも言い難いし。でも期待値は来年はさらにあがるでしょう。でもこれ見ると今年の三歳牡馬のレベルは微妙という気がまた少ししていますが、特にサンツェッペリンとかが、あの着順では。
年度代表馬アドマイヤムーンで決まりですか?というかそれもいいけど顕彰馬の規定を早く改正してほしいところ。