雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

いまさらながら「アンフェア the Movie」

レンタルDVDであったので、なんとなく借りてしまいました。
連ドラ時代から思っていたけど、やっぱり脚本とか違和感ずっと感じながら見ていたんだよなあ、、、でもやっぱりその違和感がぬぐえなかった。ご都合主義過ぎたりとかとかいうのは、いいけど、どの人物が実は裏切り者?みたいな演出に終始過ぎていないか?というのが、意外性ではなく突拍子も無さ過ぎて、驚きに変わらない気が、、、。連ドラ時代の瑛太犯人もそうでしたが、伏線があるとそういうサプライズって面白いのですが、場面転換だけで事を処理しすぎている気がします。