Electric Sheep

徒然なる日々の記録

アメフト・ワールドカップ雑感

日本がアメリカにどこまで通用するのか、、、自分の中では昔、東京DMで観戦したエプソン・アイビーボウルが参考になるのかなと思っていました。当時学生ジャパンを率いたのは、亡き篠竹監督。オフェンスは基本的にショットガンでプレイコールが組まれていました。現実、この選択は正解でした。つまり、オフェンスでのボディコンタクトを減らし、空中戦を行なうことで、ある程度オフェンスに関しては計算ができるという印象が、自分には強く残っています。と同時にディフェンスがどの程度頑張れるのか(ボールポゼッションが短くなる)もキーポイントで、実際、アイビーリーグにはそのあたりが課題となって失点した印象があります。
さて、今回のワールドカップに当たっては優勝のチャンスはアリと結構思っていました。ポイントはQB冨沢を中心としたオフェンスで、空中戦が挑めること。アメリカチームの結成が短く、プレイコールや準備期間など含め、日本の方が成熟度が高いこと、ディフェンスの大型化が日本でも進んできたので、以前よりも体格負け(もしくはパワー負け)して失点する時間帯が短くなっているのではという予想などがありました。
実際には、後半に入ってリードが守りきれず、最後はOTで日本はFGが決められず、アメリカは決めるという幕切れ。考えてみれば、確実に決められるゴールレンジに運べなかったという言い方も出来ますが、、、しかし残念です。本場アメリカに土をつけるというチャンスは正直この試合しかなかったと、自分では思っています。事前準備、舞台設定など含めて、気象という不確定要素を除けば、日本にとってかなりのチャンスでした。でも勝てない、、、、悔しさ一杯でどうもまだ前向きな思いが、なかなか出てきません。本当にアメリカに日本フットボールが勝てる日はくるのでしょうか?