Electric Sheep

徒然なる日々の記録

何ともいえない、、、

大臣が死ぬというのは、外に出せないことがあるから、墓場まで持っていくということなんだと思っています。そういう意味でも、この一件は色んな意味で「逃げ切った」ということなんでしょうか。でもその代償が人の命っていうのも、、、、どう考えても割にあわない。
一方、ZARDの死は一つ時代が変わったことを、はっきりと見せた気がします。マスメディア向けに露出が少ない方でしたが、癌で闘病中に事故死という壮絶さが、音楽活動とのギャップが大きくて、、、しかしもう40歳になられていたんですね。しかしその年齢で人生を閉じる悲しさが、、、、自分にも現実的に迫ってくるものだけに、余計にいろいろな思いがよぎりました。ご冥福をお祈りします。