Electric Sheep

徒然なる日々の記録

日本ダービー、雑感、、、すばらしい馬でした

力があれば、牝馬も牡馬も関係ないということをこんなすばらしい形で見せてもらえて、うれしい限りです。それくらいウオッカは力強いすばらしい走りをしたと思います。これは決して今年の3歳牡馬のレベルが低いとか言うことではなく、単に強い馬が力どおりのレースをしたということです。あの直線の力強い伸びを見て、自分はとてもすばらしい馬だと思ったし、もしディープインパクトとレースをしたらどんなだったろうとも思うし、凱旋門賞での走りがとても楽しみでもあります。とにかく、無事にこのまま走って欲しいということだけです。あの力強さならアメリカ競馬での走りも見てみたいですね。本当に夢の膨らむ優勝でした。
さて牡馬陣も決して悲観する内容ではありません。たとえばアドマイヤオーラ。現状合わない距離でも最後一生懸命伸びてきました。ただやはり2000mのほうが向いていそうです。秋の天皇賞で、アドマイヤムーンと主戦がかち合う状況を楽しみにしながら(おそらくどちらも岩田君)、その切れ味に期待しています。圧倒的な一番人気フサイチホウオーは掛かり気味だったこともあるけど、もしかしたら間隔あいたほうがいい馬なのかと思ったり。切れ味まったく見れなかったので、残念ではあります。もっと残念なのはヴィクトリー。自分の競馬を貫いたアサクサキングスが残ったことを考えると、出遅れなければ勝てないまでも掲示板はあったろうなあ、、、と思わせる展開。カツハルも切れる脚はないので、早めに前に行きましたけど結局リズムが悪いままになってしまいました。それぞれの馬にそれぞれポイントがあって、結局レース本番でスムーズに物事が進んだ馬が勝っている。やっぱり「運」なんですね。面白いものです。
そういえば最終レースの目黒記念、勝ちましたねポップロック。豊はこれで宝塚記念の騎乗が楽しみになってきました。(でも先日のアドマイヤムーンのドバイ祝勝会には出席したんですね、、さすが大人)昨日のオースミダイドウの勝利もうれしかったし。もっとも今日のダービーは見せ場なしでしたけど(笑)