Electric Sheep

徒然なる日々の記録

日本ダービーで武豊が降ろされた!

今日のスポニチで松田博調教師がアドマイヤオーラの按上が未定であるという発言がすごく気になっていたのですが、ユタカがアドマイヤオーラの主戦を降ろされて、岩田ジョッキーに乗り替りとなりました。ユタカは入れ替わる形でタスカータソルテに騎乗です。
もともとこの厩舎の馬にユタカが乗ること自体が微妙ではありましたが(JCダートタイムパラドックスでのコメントがその象徴)、馬主意向には逆らえない。しかしついに皐月賞、香港、ヴィクトリアマイルと続いた結果の出ない騎手に、オーナーが痺れを切らしというニュアンスに見て取れます。
実際に競馬界では当たり前だし、逆にユタカは乗り変わる側でもあったことが多数あるわけだし、プロとしての立場に徹するのだろうと思います。まあでも、、、、個人的には、このタイミングで行うことがお互いにとってプラスに働けばいいかなと思います。ただアドマイヤムーンの乗り替りは残念ですね(ユタカはポップロック騎乗とのこと)。たしかに今年はリズムが悪いし、運も明らかに向いていません。しかし、その一時期の不調を補って余りある勝利もしっかり引き出したジョッキーでもあると思います。そういう意味では、あえてこの時期に「降ろす」という意味が持つ波紋も大きいのでは。
自分のような競馬サークル外の人間には、断片的な情報しか来ないし、たしかに結果を出せないジョッキーを変えるのもオーナーの権限ですけどね、、、、、そのオーナーのために事前の騎乗依頼を断って、香港に行ったりしてくれるジョッキーに対する仕打ちとしては、少し配慮が足らないのかな。
岩田ジョッキーは普段、オーラの調教もつけているので、乗りにくいということはなさそうです。むしろ去年のフサイチジャンクもそうですが、結果が出せていない。現在リーディングなのもすばらしいことですが、このダービーで結果を出しておきたいところですね。もっとも個人的には、オーラに2400mは無理という判断をしていますけどね(笑)