Electric Sheep

徒然なる日々の記録

皐月賞雑感

カッチーが勝ったのは、非常にうれしかったし、あの競馬場の雰囲気とか、涙目とかはいいもんだなと思う。サクラプレジデントのときはユタカに乗り替りをいわれ続けていて、本番でも鼻差の二着でしたが、今回はその逆のパターンで勝ったという流れ。面白いものです。ヴィクトリーという馬はこれからは厳しい(素質はあるがまだ幼い)が、大事に育ててもらいたい。古馬になっても、走っていてほしいしね。
さて、どうしても2強には触れておきたい。まずは1番人気アドマイヤオーラ。久々に大舞台でへたくそな武豊の騎乗を見た気がします。スタート直後の位置取りにびっくり。届くわけないし、フサイチホウオーより後ろで差せるわけもない。他馬によられて、、、というコメントみたいですが、正直この馬は皐月賞しかチャンスがなかったので、ダービーをどうする気なのかという思いがあります。一方フサイチホウオーは一番強いレースをしています。タニノギムレットのような力強さが感じられます。おそらくダービーでは一番人気でしょうし、今日のような末脚が出れば、勝てると思います。ダメな場合はあれ以上に脚が切れる馬がいるかどうかと、オースミダイドウが出てきた場合ですかね。オースミは素質はいい。ただ馬が怪我明けでNHKマイルというローテだし距離も微妙。フサイチの方が完成度が高いです。フサイチは気性の悪さ改善されていないのも少し気になります。(また他馬を飛ばしてましたね)
サンツェッペリンもこの皐月賞が一番チャンスでした。実力というよりは、展開もこの馬に向きました。ただ府中ではそんなに簡単ではないので、後ろから来る馬を抑え切れるだけの二の脚がきちんと使える展開にならないと厳しいでしょう。
ダービーはナタラージャとオースミダイドウという素質馬が実際に出てこれるかどうかが、ポイント。その場合はユタカの騎乗馬が流動的になるので、トライアル終了までは判断が難しいかも。