Electric Sheep

徒然なる日々の記録

「ハゲタカ」「拝啓、父上様」とか

気に入っていたドラマが二本とも終わってしまいました。
まずは昨日のハゲタカから。恋愛要素抜きでハードな内容にしつつも、実は企業再生と人物再生がリンクしたつくりという非常に見ごたえのある作品でした。松葉杖をつきながらの生活になっていながらも、ファンドを立ち上げて大空電気の企業解体を阻止するストーリーは、やや予定調和ではありましたが、それでも人間ドラマとして十分に堪能できました。やはり役者陣の厚みがあると、いい作品できますね。先日終わった「華麗なる一族」もそうですが、多少無理はありつつも、キャストの力強さっていい意味で見続けようと思う気になること多いし。もちろん失敗することもあるけど。このNHKのドラマ枠は基本的に良作がおおいので、楽しいです。次は菊川怜か、、、、ちょっと微妙だけど、初回を見ておこう。
拝啓、父上様」は、個人的にはいい余韻の残った終わり方だと思う。それはやはり八千草薫さんがキャスティングできていることが大きいし、あの演技をされたら、そりゃあ泣けてくるってもんです。「坂下」の前の家が壊されていくのを見るシーンでの二人の距離感とか、お兄ちゃんにすがらずに走って家に入るあたりの演出も、感情表現含めてうまかったなあ。黒木メイサさんは、少しドラマの世界観からはビジュアルが浮いていたけど、一平の恋愛要素は神楽坂から離れたところにあったので、結果的には良い方に働いたと思う。やっぱり二宮君はうまかった。彼主演のドラマというだけで、次が期待できる。そういう役者さんが少ないので、またこういう作品に期待したいです。