Electric Sheep

徒然なる日々の記録

UFC68を見た

仕事が遅いので見たのはマット・ヒューズリッチ・フランクリンあたりから。とりあえずはヘビー級タイトルマッチの感想。復帰戦・43歳のランディ・クートゥアはすごいおっさんですね。結局ティム・シルビアは大きな体を使った圧力掛け以外は、きちんとした攻撃もほとんど無いまま見せ場もなく、、、という試合内容。お互いにブランクがあった事も影響したか。とにかくランディの先制パンチは大きかった。先にリズムをつかんでプレッシャーを掛けた方が楽だったティムだが、見事にダウンされてしまい、あとは要所要所でのテイクダウンでポイントロス。ランディのスタミナが切れたときにラッシュできればよかったけど、ティム自身も動けずに結局完敗。逆にランディはしんどい時間帯も決定打ももらわず、しっかりとテイクダウンして主導権を渡さなかったのが、王座返り咲きの要因。見ていて楽しかったですよ。会場のえこひいき振りが(笑)。でもそういうストーリーが作りやすい流れではあったから、それはそれでいいのかも。さてこうなると、ミルコがどういう風な形でからんでくるのか、楽しみですね。あと2試合くらい勝ったら、挑戦できるのだろうか?
しかし、会場大入りですね、やはり資金力違うんだろうな、、、PRIDE勝つのきびしくねえ?