Electric Sheep

徒然なる日々の記録

久々に競馬ネタ

ここまでのクラシック戦線の動きを思い出してみます。
まず牡馬はアンカツフサイチホウオーが抜群の内容。気の悪さやまっすぐ走らないなどの悪い面をジョッキーが御しきれていないのは、気になりますが、あの勝ち方は本命にふさわしいもの。同じジャンポケ産駒のトーセンキャプテンもそうですが、勝負根性がいい方に出ています。怖いのはジャンポケ自身もそうですが、気持ちが長く続かないこと。ジャンポケもむらっ気があったので、いったん悪くなると上昇気配が見えにくい。怪我がなければかなり楽しみではありますが、安定感には少し?が両頭にはあります。
アグネスタキオン産駒はアドマイヤオーラニュービギニングがいました。ニュービギニングは先日のすみれSで7着に完敗。ディープの下ということで、かなりの期待でしたが、スピード感に少し乏しい気がするので、現状では仕方ないかなと思います。一方のアドマイヤオーラ皐月賞が勝負でしょう。府中の2400mはあの体形・血統を見ると長すぎる。本来はマイラーだと思うので、兄とは少し違うと思った方がよいのかもしれません。
あとに出てくる有力所では、今週の弥生賞に2歳チャンプのドリームジャーニーが登場。ただこの馬は善戦マンに終わりそうな、、、切れるけど、切れまくった脚ではないし。勝ちきれないレースが続きそうな気がして仕方ないです。ほかにはヴィクトリーが若葉Sで復帰。これはかなり期待しているのですが、春に関しては厳しいかもしれません。菊花賞あたりで取れそうかなと思っています。あとはオースミダイドウがマイルカップとダービーを狙っているようですが、骨折明けにその狙いはさすがに厳しい。人気ばかりでこけそうなパターンという雰囲気が漂っていそう。
ただ、久々に面白いですね、完全な一強というシチュエーションではないのは、見ていてワクワクします。個人的にはヴィクトリーが来るとうれしいのですが、、、、、。
牝馬桜花賞はウォッカとアストンマーチャンの一騎打ち。ユタカマジック炸裂か実力でねじ伏せるか、見ごたえがありそうです。スピードに関して、この二頭は抜けています。ダイワスカーレットオークス秋華賞か、、、。
もう一つ読めないのが天皇賞・春に関して。小粒どころか粒さえいない古馬戦線。アドマイヤムーンは距離が合わないので海外路線ということだし、菊花賞馬ソングオブウィンドは引退になっています。重賞戦線を勝っている馬たちも決して強いというものでもないし、、、馬券的には面白そうですが、それだけでしょうね。