Electric Sheep

徒然なる日々の記録

神戸製鋼 増保監督辞任

ちょっと驚きました。正直辞める必要はないと思っています。確かに初年度の優勝以来タイトルからも遠ざかっていますが、それは監督個人にその責任が行くものではないと思います。東芝は前にも書きましたが、ルールを最大限に活用して要所のポジションを補強しています。その補強と同時に戦術の徹底を深めながら、チーム力の底上げをしています。神戸はそういった意味では、チーム力アップが常にできているとは思えない部分もあります。本人の辞意が固かったのか、首脳陣が決断したのかは微妙ですが、折角大量補強できたこの一年を勝負させてもよかったかな、という思いがあります。