Electric Sheep

徒然なる日々の記録

明日の有馬記念

始めて見た有馬記念オグリキャップタマモクロスの一騎打ちのとき。オグリの鞍上が一回限りといわれた岡部さんだったことは、なんとなく覚えていた。その年から見続けているが、やっぱりワクワクするレースのひとつ。オグリやトウカイテイオーのときは感動的だったし、スペシャルウィークは今でも勝ったのではないかと思っていたりする(笑)。雑誌「Gallop」創刊時からの有馬記念日本ダービーはすべて手元に残しているが、やっぱり読み返しても楽しいレースですね。
予想がどうのというのは別に良いので、ディープインパクトという稀代の名馬のラストランに浸りたいなあということだけです。競馬だから絶対は無いが、でもそういう予定調和でもいいよ、明日は。でもこれだけ騒がれる馬になるとは、、、、やはり凱旋門賞リベンジが見たかったですね。それだけが心残りです。それにしてもアンカツダイワメジャーは距離が持つコメントは信用できるのか?キストゥヘブンの二の舞ではないのか?信用しにくいな、、、ジェニュインパターンでなければいいけど。
そんな名馬の引退をよそに今日のラジオNIKKEI杯2歳ステークスではフサイチホウオーが負け無し3連勝を達成。最後審議対象だったんですね。よれる癖、早く直せよアンカツ(笑)。期待していたヴィクトリーは2着。いい粘りというか、脚の使い方というか、、、ユタカは来年この馬かな。明日のホープフルSニュービギニング次第でしょうが、将来性はヴィクトリーの方がありそう。菊花賞あたりでいけそうですね(ダンスインザダークのような雰囲気あり)。フサイチはダービーまでは楽しいと思います。2400mまではかなり強そう。お父さんに似て、根性が良いですよね。ジャンポケ好きでしたね、、、角田君、早すぎる引退とか止めてくださいね。勝ち星かなり減っていますからね。
勝ち星といえば、ユタカは今年は200勝、無理でした。今年の関西の傾向は、ユタカ偏重から抜け出しつつあるということでしょう。それはやはり岩田ジョッキーの存在。騎乗記録更新ということもすばらしい。昔の関東での岡部・柴田のようなライバル関係は是非見せて欲しい。でもフサイチジャンクで結果を出せなかったのは腕の差でしたね。来年も期待しましょう。