Electric Sheep

徒然なる日々の記録

早明戦について

仕事&忘年会だったので、自宅についてからビデオ鑑賞。正直残酷な結果だと思います。スクラムが強くなっても、何ら有効な手立てにならない相手の懐の深さ。厳しい内容でした。ただそれでも絶対にFWで得点をするという意思を見せた後半の攻防は試合結果は抜きにして、楽しいものではありました。
まず明治サイドでいえば、スクラムをあそこまでコントロールされるのは、技術の差なのは明らか。今後はさらにパワーをつけるか、精度を上げるかのどちらか。問題は大学選手権で、再度ぶつかったら同じ結果になることが濃厚なこと。本来はそういった状況をBKが打開できれば良いのだが、それが難しい。昨日は前回の慶應戦ほどひどくはなかったが、それでも五郎丸にあそこまで切れこまれるディフェンスは、まだまだといわざるを得ない。しかし、それが現状の力であることは、おそらく自分たちが良くわかっているはず。今持っているものを今後もすべて出し切って、結果が伴えばそれでよしという気はする。気を抜かずに勝ち上がれば、国立までは久々に進めるはず。そのときにまた気迫のこもったプレイが見たいものです。
一方の勝った早稲田。対応力のすばらしさは、先日の慶應戦で改めて立証済み。そのすごさが発揮され、唯一の武器であった明治のFWを抑え込んでしまいました。あとはペネトレイターが切り裂いたディフェンスを崩すばかり。途中自陣にくぎ付けのシーンもありましたが、決定的に崩されたシーンは少なかったです。ただ前半の終わりに押され続けたシーンは認定トライを明治にとっても良いのでは?とは思いましたが。そういう意味では受けに回ると厳しい場面はつくることができるということ。あとはそういう場面が早稲田相手に何回つくれるかということでしょう。
ということで多少ワンサイドではありましたが、見せ場もあり、結構楽しい試合ではありました。リーグ戦グループと関西の状況を見ると、結構難しいトーナメントになりそうです。