Electric Sheep

徒然なる日々の記録

実相寺さんがお亡くなりになってしまった

SANSPO.COMより

 テレビの「ウルトラマン」シリーズや映画「帝都物語」で知られる映画監督の実相寺昭雄(じっそうじ・あきお)さんが29日午後11時45分、東京都文京区の病院で死去した。69歳。東京都出身。葬儀・告別式の日取り、喪主などは未定。

 早大卒業後、ラジオ東京(現TBS)に入社。1960年代に「ウルトラマン」「ウルトラセブン」などの演出を手掛け、独特の照明技術を駆使した陰影のある映像で日本の特撮映像の第一人者となった。

 69年に「宵闇せまれば」で映画監督としてデビュー。TBSを退社して実相寺プロを設立し、情緒的なエロチシズムの中に人間の本性を描いた「無常」(ロカルノ国際映画祭グランプリ)「哥(うた)」などを発表した。

 荒俣宏さんの幻想小説帝都物語」や京極夏彦さんの「姑獲鳥(うぶめ)の夏」も映画化。70年代に演出した特撮番組のリメーク映画「シルバー假面」を完成させたばかりだった。

ということで、非常に悲しいニュースが入ってきてしまいました。もちろん特撮系もそうですが、独特の演出世界(魚眼レンズとか)に対するファンも非常に多かった監督でした。自分は最後に「姑獲鳥の夏」を見ているのですが、今ひとつだった印象がありました。でも江戸川乱歩の映像化(あとは怪奇大作戦)などは、エログロ部分を含めてカメラワークとか構図とか興味深いものが多かったです。以前買ったウルトラマンに関する本が残っているので、再読してみようかなと思いました。

ウルトラマン誕生 (ちくま文庫)

ウルトラマン誕生 (ちくま文庫)

ウルトラマンの東京 (ちくま文庫)

ウルトラマンの東京 (ちくま文庫)