Electric Sheep

徒然なる日々の記録

エリザベス女王杯雑感

メジロマックイーン天皇賞・秋以来のG1での一着入線馬の降着という、すっきりしない結末に。カワカミプリンセスが一位入線も、直線でヤマニンシュクルの進路を妨害、降着の憂き目に。自分はパイロットフィルムを未見であり、正直どういった裁定が妥当なのかは判別しにくい部分はあります。しかしG1での降着って決める方もかなり腹を据えていると思うんですよね(別に他のレースが軽いということでもありませんが)。それがルールである以上、仕方の無いことでしょう。でも一番強い競馬をしたのも事実。実力で負けたと思っているわけではないので、次走でまた力強い走りが見たいものです。さて結果的に繰り上がりはフサイチパンドラ。春先は実力No.1と謳われていましたが、負けが続いて評価を下げたところでオークスで好走。秋もそれなりに走ってはいましたが、惜敗続き。どうも走りに波が多いですね。もう少し爆発力のあるイメージが強いのですが、、、とりあえずすっきりしないのは仕方ない。これから結果をさらに出していけばよいと思います。そういう意味では次走のジャパンカップはいい意味でチャレンジャーとして頑張って欲しいものです(ただ使いすぎでしょうね、明らかに)。スイープトウショウは年齢的なものかな、、この馬も爆発力がここ二走見られません。引退、、、?もう少し頑張って欲しいのですが。ディアデラノビアは3才時の切れが少し見られなくなってますね。骨折してからどうも今ひとつが続きます。アドマイヤキッスは直線でばったり足が止まってましたね。距離だと思うんですが、、あの手ごたえで急に切れがなくなるのは、距離適正という気がします。それはキストゥヘヴンも同じ。やはりマイラーだと思いますよ、この馬は。距離が持つという主戦ジョッキーのコメントは正直、根拠が感じられない。問題ないなら桜花賞の切れ味を2000m以上の距離のレースで引き出してから言って欲しい。来週のマイルCSの方が好勝負できたのでは?
本田ジョッキーが4日間の騎乗停止。んー、、でもこの件はジョッキーの責任でしょう。本人の潔いコメントがありましたが、そういうしかないし、実際に馬をコントロールすべきはジョッキーですから。本来なら降ろされても文句は言えない。おそらくそういうことは無いと思いますが、、、ここも結果を出すしかないですね。
そういえばザサンデーフサイチ(なんていう名前なんでしょう、、正直品が無い)が骨折。クラシック絶望とのニュースです。終わりましたね、、、、サムライハートもそうですが、この時期の骨折で良い結果を残した馬、ほとんどいないでしょう。治ってもさほど結果は期待できない。種牡馬入りして、元が取れるといいのですが。でも順調ならどうなっていたか、楽しみな馬ではありましたけどね。東京デビューの時の直線の伸びは「おっ」と一瞬思えましたから。
[追記]
今、VTR見ましたが、ヤマニンシュクルの四位騎手が四角ではじいたのは、騎乗としてそこまで非難されるものではない。それも競馬の騎乗のひとつ。セパレートコース用意ドン、でないということはみんな分かっている。あの降着は仕方なし。現実あれだけの被害を受けた馬がいるし、本田ジョッキーも立て直しの動作取ってないし。それだけに一部の人間のヤマニンシュクルや四位騎手、JRAへの誹謗中傷は非常に見苦しい。馬券が外れてという悔しさはあるにせよ、そのことが他者を責めていい理由にはならないはず。ヤマニンシュクルは故障発生らしい、、、大きな怪我でなければよいのですが。