Electric Sheep

徒然なる日々の記録

のだめカンタービレ

こんなに楽しいと思いながら見た話は「タイガー&ドラゴン」以来かも。もうAオケの演奏シーンを何度も繰り返し見ています。とにかく楽曲の盛り上がりと、あのオケのメンバーのパフォーマンスに至るまでの一連の流れは、本当に心湧き踊るという感じです。もちろんそこに向かうまでの千秋の葛藤と認識もテンポ良く描かれていて、普通なら重いところも周りのキャスティングの描き方で、それも楽しく進んでいきます。
いまだにこの脚本家があの「スローダンス」の人とは、、、、これだけ楽しい作品にしてくれて、いうことなしです。玉木宏さんも自分の中では先入観がない分十分「千秋」なんですが、原作ファンの皆さんはどうなんでしょうね?クールさとコミカルさがうまく出ているとおもいます。樹里っぺは文句なしでしょ、「シュキあり!」とか楽しそうにやってますね。オケ演奏途中にじわっとくるシーンは良かったですね。でも今回の一番はやはり瑛太くんかな。コンマスであることとかいろいろ含めて、その存在感がとても良く出ていました。いや本当にかっこいいパフォーマンスでした。
初回は「意外と良かったね」からでしたが、いまや一番面白いドラマの一つです。今クールではかなりの上位です。さあて、また大好きなショスタコ聞き直します。