Electric Sheep

徒然なる日々の記録

明治対慶応前半終了

明治17‐17慶応
ということで同点です。まずは慶応ですが、慶応らしいキッキング&スピードで明治のDFを切り崩しています。明治は大型化した結果なので、このスピード対応はある程度は仕方ない。ただタックルが少し甘いのとBK陣のディフェンス判断がやや甘い気がします。スピードで抜かれる状況で、BK陣はある程度人がいる状況が見受けられるので。これは後半も有効でしょうね。
さて一方の明治。これはスクラムを見てドキドキしました。いや日本代表の赤塚とか斎藤とかいた時代のあのすごいFWを見た気持ちが少し戻ってきました。前半17分のめくりあげはすごかった。モールもきっちり組めるし(いちど取られましたが)、ラインアウトも悪くない。これがきちんとできるのはとても大きいです。ただ、前半はキックで切り崩され自陣での試合が長くなり、なかなかFWが活かせる機会が少なかった。あとはキッキングが今一つなのと、FBの判断に迷いが多いことが前半の課題。
さて、選手が出てきたので、また後で書きます。