Electric Sheep

徒然なる日々の記録

のだめカンタービレ

毎回、テンポが良いドラマですね。なぜ「スローダンス」でここまでうまく書けなかったのか、、、とチクチク。
今回は副指揮者を任せられたエピソードですが、のだめが脇っぽくなってませんか?原作もきっとこんな感じなのだろうと思って納得しているのですが。ただマンガ(漢字ではなくてカタカナの方がしっくりしますね)の表現と違ってストーリーを一方の視点で追うので、この話の場合はどうしても千秋主導になってしまいますね。
サエコの貧乏エピソードもコミカルなオチであっさり終わらせて良かったと思います。そういう終わり方で違和感残らないし。登場人物それぞれのスポットの当たり方も結構うまくなってきて(印象に残る)、次回も楽しみになってきました。畑野ちゃんくらいかな、もう少し出番が欲しいなあと思うのは。全体的にはまた今回も楽しく見ることができました。