Electric Sheep

徒然なる日々の記録

たったひとつの恋#2

とりあえず見終わったので、簡単に。
「間違えて冷たい水に入れた砂糖のように溶け残った、、、、、」でしたっけ。こういう所が全然変わらないなあ。このモノローグを聞いて視聴者がどうとらえるかではなく、単純にこういう表現に自分が酔っているというか、気分が良いのかな。ラストの懐中電灯もモールス信号かよみたいな演出が稚拙だと思うんです。そういうテイストがなくても普通に楽しく作れると思うんだけど。恋愛ドラマでファンタジー描くって無理でしょう。今の時代では。少なくともこの設定では難しい。もっと等身大の人間にしていかないと。そういう意味でまだ「オレンジデイズ」は頑張っていたと思います。でもこの「たったひとつの恋」は見どころが綾瀬はるかさん以外になくなってきた。もっともこのドラマの綾瀬さんの演技も微妙になりつつありますが。キャラ設定がね、、、この女優さんは天然だから「HERO」のときのようなボケキャラの方がいきいきしているのかもなあ。