Electric Sheep

徒然なる日々の記録

菊花賞雑感

ソングオブウインドメイショウサムソンの三冠を阻んで見事優勝。二着はまたもや横山典ドリームパスポート。三着はユタカのアドマイヤメイン。メイショウは結局四着。まずメイショウサムソンについては、追い出して切れる足が無いこと(勝負根性は最高にすごい)から、並ばないと勝てないという気はしていましたが、その通りになってしまいました。距離かなと少し思ったのですが、それはむしろアドマイヤメインの方ですね。メイショウが一頭で抜け出すはかなり厳しい。逆に並ばれたら、負けないでしょう。そういう走りなんだと思います。今日のレースに関しては完敗。次走がどこかは分かりませんが、こういう根性の馬なら、海外でも良いような気がします。
勝ったソングオブウインドはスポニチのインタビューに、いい内容で出ていたのが気になっていたんですよね。初めはユタカのお手馬だったのがコウシローに変わっていたんですけど、結構いい感じっぽい内容だった。そこで馬券が買えない自分の目の無さを笑います。しかし並んで良い切れでしたね。先行策が多かった走りから押さえて好走が続き、ついにG1です。次の走りも楽しみになってきました。
横山ジョッキーは、、、、そういうめぐり合わせなんでしょう。他にいうことが無い。
アドマイヤメインは、すごく楽しみな馬かもしれません。正直、前走の内容が悪くて自分の評価は低くしていました。でもこの戦法なら実力は一級品。今日の3000mは最後の止まり方から見て長すぎたのでしょう。しかし2400mまでなら、もしかしたらサイレンススズカ級のスピードで押し切る力もあるかもしれません。この馬も次走が楽しみになってきました。今日のレースは個人的には非常に見ごたえのある、楽しいレース。ディープがいなくなる後の世代の中心なので、この後の古馬との対決は見ものですね。