雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

昨日の秋華賞とか

カワカミプリンセス完勝というコメント以外は特に無いのですが。いい位置でしっかり我慢して、4角上がってきてからは鋭い伸び。久々でもふらつく場面が無く、気性もいいんでしょうね。アサヒライジングもかなり良い騎乗でしたが、馬の力であっさりという感じ。むしろがっかりだったのはアドマイヤキッス。中段後方の位置取りは仕方ないにしても、4角であれだけ外コース選んだら、差し切るのは無理でしょう。馬が二走ボケだったにせよ、今回の武豊の騎乗はちょっと残念。内に入って裁けたんじゃないのかな?という印象が残っています。そういう意味ではフサイチパンドラは現状では良い走りだったと思いますけどね。コイウタは後ろから勝負した方が良かったと思うけど。横山典では何故駄目なんだろう。キストゥへヴンは距離だと思うけどな、、あの位置から伸びなかったんだから。爆発力見せるのは1800m位までがベストだと思う。
このメンバーの上位に加えて、スイープトウショウもいるエリザベス女王杯は結構楽しいかも。エアメサイアが出れないのが残念ですね。伊藤雄二調教師も定年だし、このまま馬も一緒に引退にはならない事を祈ります。
土曜日は注目のデイリー杯2歳S。評判のオースミダイドウが控えた競馬で優勝。この後は朝日杯に向うようです。ユタカはチャンスでしょうね。このタイトルはまだ取れていないし。この馬に関しては2000mまでは文句無く走りそう。ただスピードが優先みたいなので、ダービーが距離ぎりぎりじゃないのかなという気がしています。それだけに取れるタイトルをしっかりモノにしないと、善戦マンになりかねない。
さて今週は菊花賞。3冠の期待がかかるメイショウサムソン。阻むとすればドリームパスポートフサイチジャンクか、、フサイチは乗り方次第。だから本当はユタカの方が手が合うんだと思う(あるいはユタカが走らせていたか)。アドマイヤメインは乗り込んでいいタイプというコメントが信用できるのか微妙。現実、自分の型に持ち込めないレースを神戸新聞杯で見てしまったので、以前よりは評価が下がっています。ただ今年のレベルから考えると、これでメイショウが3冠になってディープと対戦か、、、ルドルフとシービーみたいにはならないでしょうね。完成度はディープの方が高いし、メイショウも切れないので並ばないときついですし。