雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

のだめカンタービレ#1

原作はまったく未見(意図的ですが)の上での感想です。
まず情報量がないため、主役はのだめ(上野樹里さん)だと思っていたのですが、基本的には千秋(玉木宏さん)なんですね。そういう演出なんでしょうか?だとしたら、まあ普通に始まったというか、無難な立ち上がり。上野さんはキャラクターがはまっていると思う。ボケっぷりというか、天然ぷりがとてもかわいらしい。表情も豊かで、今まで見てきた作品(STMBとかスウィング・ガールズとか)に比べてもかなりいい味だった。玉木さんもこういうイメージのキャラで正解かな。原作の先入観がないので、こんなもんなんだなと普通に飲み込めました。ただ以前のTBSでの千秋=岡田というののであれば、どうだったんでしょうね。他のキャラに関しては、顔見世に近いので、演出上の印象付けになってしまいましたね。瑛太くん、小出恵介くん、サエコ上原美佐さん、水川あさみさんと若手系をある程度そろえたので、これは次からのお楽しみ。
ストーリー的には目新しさは無かったが、脚本は今回の話では割と普通に書いてくれたので、それは良かった。「スローダンス」のときのような寒さが無ければそれで吉。原作から外れずに、上手くまとめておくれ。オリジナルに走った原作物は上手くいったことが先ず無いから。叩いたりするシーンでのあの演出は、いるのかいらないのかといわれたら、別に無理に入れなくてもいいのかも。あそこまでデフォルメしなくても、結構会話とかキャラクターで楽しく作れていたし。
ということで、初回は思ったよりも普通だったし、そんなにがっかりするほどでは無かった。このドラマはこれからでしょう。それにしても最初、諏訪雅って分からなかったよ。