雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

ディープインパクト快勝

やはり3000mは明らかに長いですね。基本的には2400mまでということがあらためて分かります。絶対能力の高さだけで勝ちましたが、あの掛かり方はステイヤー資質の走りとは思いにくい。それでもあの向かい風の中、一気に突き抜けてそのまま押さえて勝ってしまう馬とは、、逃げた馬と2番手に控えた馬がそのまま2、3着になだれ込んでいるし、、、実質これで天皇賞・春の勝負付けが終わってしまいました。インティライミは距離適性がなさそうなのですが、、、、明らかに長すぎて落ちていきましたね、位置取りが。陣営の距離不安コメントが的中なのでしょうか?あとは日経賞リンカーンくらいか、、、
一方スプリングSメイショウサムソンが勝利。2歳チャンピオンのフサイチリシャールは2着まで。これはフサイチには痛い負けです。控える競馬では結果が出せないことがわかってしまった。そうなると本番は行くしかなくなってしまいそう、、、、でも中山なのでその分チャンスはまだありそう。巧くペースが作れれば、アドマイヤムーンフサイチジャンクのような追い込み勢を封じるチャンスは残されています。福永騎手の騎乗が注目です。勝ったメイショウは決め手勝負でどこまで踏ん張れるか。切れ味はアドマイヤなどに落ちるので、展開の向き不向きがあるかも知れません。
さて昨日はフラワーカップ若葉Sフラワーカップキストゥヘヴンはすごい脚でしたね。本番も少し人気になるのでは?ただし横山騎手でないのは痛いかも、、追えるジョッキー確保したいですね。フサイチパンドラはセーフティーなリードに思えましたが、あれを刺されてしまうのは厳しいです。一方若葉Sの方はフサイチジャンクが快勝。やや反応が鈍い気がしますが、それでも差しきったのは見事。キャプテンベガはあの騎乗で負けるのは力負け。強いかもしれないけど、現時点での評価はショウナンタキオンなどと同じ2ndグループでしょう。
これでTRは終了。本番に向けての展望はまた改めて書く予定です。