雨の中を泳ぐ日々

思いつくがままの気分の記録

そして結果がでました

今日行なわれた、大学ラグビー選手権の結果が出ました。
早稲田126-0立命館
京産大15-17慶應
大体大43-24明治
福岡大31-62法政
同志社54-37流通経済大
東海大0-62帝京大
大東大61-10天理大
日体大7-86関東学院
とまあ、こんな結果に。明治は接戦どころかやってしまいました。これで一年の締めくくりが終了とはね、、、慶應が苦戦したのは、あのチームもこういう初戦に弱いチームだからか?前も苦しんで勝ちあがってましたね、確か?いつだったかな。そして喜べない2チームは法政と同志社。これは正月の国立は、、、そう考えると慶應と法政が逆なら面白かったのに。
準々決勝は早稲田対慶應、法政対大体大、同志社対帝京、大東大対関東学院という組み合わせ。秩父宮はいいカードだな、、、行きたかった、でも仕事なので仕方ない。
早稲田は勝ち上がりだが、面白いのはやはり大東大と関東学院。これどっちもモチベーション高いので、楽しそう。でも関東に上がってきて欲しいかな、、有賀選手が国立で見たいので。花園は、法政は接戦ながら上がって来れる気はするけど、正月の国立は、、寒い試合だろうな。同志社-帝京は、、どちらが上がってきても良いのだが、個人的には同志社が見たいような思いはある。あのBKで関東と走り比べして欲しい。ただし、FW戦で帝京に勝てるのかはかなり疑問。やや帝京有利だがホームアドバンテージがどこまで働くか?
そういえば昨日と今日のトップリーグ。昨日のTVKサントリー対リコーを観戦。サントリーがだいぶ安定した動きになっていて、これは後半面白いと思っています。外国人の両CTBがかなり機能していた。FWを日本人で固められるのは大きい。でもリコーだからであって、来週の東芝府中に通じるかは?その東芝トヨタに勝ち、今日三洋電機がワールドに負けたので、首位が入れ替わり。勝ち点制度の面白さですね。いよいよ終盤、怪我人増えないように頑張っていただきたいものです。