Electric Sheep

徒然なる日々の記録

日経新春杯他

中山は京成杯アドマイヤジャパンが不良馬場にも関わらず、最後一気に伸びて優勝。2着はシックスセンス。この馬場で差しきった根性と脚を高く評価したいアドマイヤジャパン。正直、もう少しひ弱な印象がありましたが、クラシック本番でもかなり上位グループに位置すると思います。主戦はアンカツ?、、横山典でいいと思うけど。
京都は日経新春杯。勝ったのはサクラセンチュリー。1番人気ナリタセンチュリーは9着。このレースでの佐藤哲三ジョッキーの騎乗については、自分は少し否定的。あの位置取りをして内の馬が膨らむのは判っていて、一緒に入ってきたナリタを無理に閉じ込め、かつ左ムチを入れる理由が良くわからない。突っ込んだところから抜けない脚を持っていないから不利を受けたという武豊のコメントがHPにありましたが、それは豊自身の騎乗の問題であって、佐藤ジョッキーの強引な騎乗は褒められるべきではない。マイネルマックスの時もそうだけど、勝つために勝負を仕掛ける騎乗という言葉が勝負師とかいうカッコいい響きにごまかされている気がする。内をうまく締めるのはありとしても、ぶつけて更に進路ふさがったところで左ムチはおかしいだろうという気がしてならない。佐藤ジョッキーの場合、勝ち目のないレースでもそういうことをするから、こういうときの積極性もマイナスに見えるんだよな、、、。